愛人募集

仕事に明け暮れ、ひたすら業績を伸ばす事だけに努力した20代。
30代になり同僚よりも二つぐらい役職が上になり満足していました。
他よりも出世できた、そんな優越感がある意味、私の誇りでした。
ですが、そんな誇りが揺らぐ事件がありました。

会社の飲み会で同僚と話している時、愛人の話が出ました。
その同僚には若い愛人が居てかなりマニアックなプレイもしているようです。
仕事に明け暮れていた私は女遊びなどほとんどしていませんでした。
特に自慢された訳ではないにも関わらず、
男としての魅力で負けたような気がしました。

その日から私は愛人募集を始めました。
付き合っている彼女は居ましたが、愛人が居るというステータスが欲しかったのです。
同僚が持っているものを自分が持っていない、それがたまらなく劣等感でした。

出会い系サイトを使って愛人募集をしたのは良いですが、まったく反応がありませんでした。
それから何度も掲示板に投稿したり女性へメールを送りましたが
何一つ反応がありません。

仕事では何をやっても反応を貰えるのに、女性相手には一切ダメでした。
それからはネットで記事やブログを見て必死に勉強しました。
女性へのメールの送り方や好印象をもたれる方法、いろいろ吸収していきます。

初めて女性からメールが帰って来た時は感動しました。
改めて愛人募集をしようと思い掲示板に書き込んでいる時、たまたま彼女からメールが届きました。
女性への配慮などまったく知らなかった自分を好きになってくれた彼女。
同僚に愛人が居るから自分も愛人を作る。
そんな事に何の意味があるのかと、今更感じました。
自分には彼女が居る。それで良いと思いました。
近々、プロポーズして結婚できればと考えています。
だから愛人募集はやめました。

彼氏 両刀
ゲイ

熟女 せフレ

自分は3年付き合って結婚を考えていた同級生の彼女に浮気されたあげく捨てられてしまい、もう恋愛は懲り懲りだと思いました。
しかし心の奥底で癒しを求めていたのでしょうか、せフレがほしいと思うようになり、探していて、ふと気付くと年上のお姉さんを通り越した熟女ばかりに目がいっていました。
はじめはそんな自分に自分自身が戸惑いましたが、どうやっても気になるのは母の年齢に近いような熟女。
しばらくは思い悩みましたがこれはもうやってみるしかないと、意を決して掲示板で声をかけてみました。
そうして会うことになったのが、F子さんでした。
初めてのせフレ、初めての熟女ということで、人見知りな性格も相俟って心臓が飛び出しそうなほど緊張していましたが、待ち合わせ場所に現れたF子さんが想像していたよりもずっと綺麗で色気があることで、もう頭が真っ白になってしまいました。

このときの事は極度の緊張で、実はあまり覚えていないのですが、F子さんがガチガチに緊張している僕を母のように優しく解してくれたことはなんとなく印象に残っています。
F子さんは既婚者で、せフレは初めてで私だって緊張したのよと言っていましたが、僕の緊張とは比べ物にもならないでしょう。
うまく言葉に出来ませんが、結論は熟女最高です。
若い人のハリのある肌とは違いますが、しっとりと柔らかな肌は熟女ならではのものです。
抱いていてとても気持ちが良くて、不思議なほど心が安らぎ落ち着きます。
出会い系 愛人
愛人募集

39歳既婚男性会社員の不倫体験告白

都内の某保険代理店に勤めています。いたって普通の会社員で、2歳年下の妻と幼稚園に通う息子がおります。
妻は気立てがよく、息子もすくすくと育ってくれていて家庭には何の不満もありません。

ですが私、大きな声では言えませんが「不倫」をしています。相手はというと実は僕が担当しているお客様の奥様。保険代理店という職業柄、お客様のお宅にお邪魔することが多いのですが、2年前に契約を頂いた方と良い仲になり今に至ります。

はじめはお互いにそんな気は無く、ただの営業マンとお客様でした。3回目に訪問した際、旦那様出張で不在。夜遅くにお邪魔したため、やさしい奥様は僕に食事を振舞ってくださいました。少々お酒も入り、なんだか変な雰囲気になってしまい、そのまま男女の関係に。お互いに家庭もあるので、ただ間が差した、ちょっとオイタが過ぎたといった感じだったのですが、その後も頻繁に連絡を取り合いホテルに通うようになりました。

「不倫」というものは恐ろしいもので、ダメだと思えば思う程やめられなくなってしまうものなんです。まるで麻薬のように相手にハマっていってしまいました。妻にも相手の旦那様にも申し訳ないと思います。ですが彼女と体を重ねていく度にどんどん離れられなくなってしまいました。

今では、彼女から「お互いに離婚して二人で新しい家庭を築こう」と言われています。

ですが僕は、やはり今の妻も愛しているし子供のことも考えると離婚はしたくありません。それにこの「不倫」がもしバレてしまったら家庭どころか仕事まで失うことになりかねません。

まるで昼ドラのようにドロドロとした「不倫」に陥ってしまっています。